地域の子育てに関する情報提供や子育てに役立つ講習会を実施

もんもの木の理念

長い歴史の時代をくぐりぬけ、子どもたちがつくり、うたいつなげてきた「わらべうた」が、今めまぐるしい社会の変化の中で、歌い手を失くしつつあります。

ハンガリーの作曲家・民俗学者・教育学者であった、コダーイ・ゾルターンの言う「全ての人が音楽的教養を身につける」ということは、人々が音楽を通して美しい事、良い事を体験し、人との和をも音楽の中で培っていこうということを意味しています。その原点にわらべうたがあります。

より美しい事への要求、より高貴な事への要求が皆の中に芽生え、音楽のみに止まらず、全ての領域に広がっていくことコダーイは望んでいたのだろうと思います。

私たち名古屋コダーイセンターは、わらべうたから、子どもの教育全般を真の子どもの尊重と幸せのために、見直し、すべての「子どもの育ち」に関わっている人たちに、コダーイの理念や望ましい環境づくりを含め広く普及させていくことを目指して活動してきました。

そうした私たちの今までの現場での積み重ねや研究の中で得てきたことの具体的なアイデアや空間を提供することで、子どもの中から出てくる遊びへの要求を大切にし、自立して遊んでいる子ども、そして、その子の姿を客観的にも見守ることができ、大人にとっても居心地の良い空間がもんもの木で作れたらと思いました。

子どもの育ちを通し「集う」ことで、お母さん、お父さん、仲間、地域の方、保育士、いろいろな世代の交流の場となり、またコミュニケーションと情報の場となり、知恵と力、たくさんの人たちとの新たな出会いや可能性が広がる場になることを願っています。

なにか、子どもたちのために、自分のために、子どもをとりまく世界をより豊かにより美しくしたい。

子育てひろば「もんもの木」は、子どもに関わりあう大人たちのそうしたささやかな願いを一緒にかなえてゆきたいと思ってます。

PAGETOP
Copyright © NPO法人名古屋コダーイセンター 「もんもの木」 All Rights Reserved.